★★★ 自己紹介 ★★★

 

 

はじめまして。現在、杜の都、宮城県仙台市在住です。

 

私の子供の頃は、野に生える木の葉を吹いて、笛のように音を出したり

笹の葉で船を作ったり、花の蜜をなめたりしてして、よく遊んだものです。

 

生まれ育った家の近くには、ちょっとした林道を抜けると一面に広がる野原があり

その場所に腰掛け、何も考えずにただ、ボ~~っとしている時間がとても好きでした。

 

今、思うと、やっぱり草や木には不思議な力があるのだと、しみじみ感じています。

 

だんだん成長し、大人になるにつれ、そんな自然とは縁のない生活をしてきましたが、

数年前、ガーデニングに興味をもったことで、改めて自然について考える契機が訪れました。

 

 すべての植物 =  自然のもの

 

そう信じていた私は、なぜ自然のものを育てるのに、化学肥料、化学薬品スプレーが必要なのかを

とても疑問に思いました。

 

化学の進歩のおかげで、人々の暮らしはとても便利な世の中になりました。

 

自然界には存在しないけど、青いバラを見てみたい、、。

はい、作りました。 青色はパンジーの遺伝子を組み換えましたが、バラはバラです。

 

秋のほんのわずかな期間しか咲かないキンモクセイを、春にも咲かせたい、、、。

はい、作りました。 秋まで待つこともなく、季節に関係なく、いつでもキンモクセイの香りが楽しめます。

 

アイスクリームみたいなチューリップ、、、、。

ちょっとお高いですが、あなたの庭を素敵に彩ります。

 

人間の様々なニーズに答え、化学の進歩には、驚くばかりです。

でも、それ。本当に必要ですか?

 

自然界には存在しない化学物質を過剰に作り、使い、食べ、捨て、、。

地球温暖化、癌の死亡率、アトピーの子供たちの増加、昔は無かった奇病の増加 。

過剰なニーズと便利さと引き換えに、自然環境は壊れていく一方です。 

 

3・11東日本大震災は、多くの犠牲と悲しみを生みました。

この大きな自然災害は、多くの人々がいかに常日頃、化学の恩恵に浸っていたかを自覚し

自然を見つめ直すきっかけとなったのではないでしょうか。

 

私は、何のすごい経歴もありませんし、高い学歴があるわけでも、専門的に何かを習ったこともありま

せんし、葉っぱが好きなだけの平凡でちっぽけな、ひとりの人間です

偉そうな事はいえませんが、この単なる普通の凡人が、疑問に思うことがいっぱいの世の中です。

 

本アトリエのクラフトは、「お花のセンセイ」という「プロ」の方から見れば、

形のバランスが悪いとか、色のバランスが悪いとかおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、自然のものは、一つ一つ形が違うのが当たり前だし、

人が手を加えなくても、そこにあるだけで十分美しいもの。

 

大好きな野山の恵みやハーブを暮らしに取り入れながら、化学肥料、農薬、一代交配種(F1)の種を使わない自然農を、苦戦しながら(笑)実践中です。 そんな暮らしの中から、メルヘンロードのクラフトは、生まれています。

 

自然を大切に思うなら、まず自分の出来ることは、 すぐそばにある草っぱと仲良く、、、

そんな風に思っています。

 

ご覧いただきありがとうございます。

この小さな出逢いが、どうか良きものとなりますように

 

 

 

                              

                                   野山クラフト メルヘン・ロード    土田 美和